図面をクリックしてください 画像を確認していただけます

click
サンフランシスコを拠点とする、エイト(8)によるデザインは開放感と温もりに溢れ、心地よいひとときをお約束します。ダイニングルームは、黒御影石の美しいカウンター席が印象的なオープンキッチンを備え、上質な木とレザーで仕上げられたインテリアと深みのあるウォールナッツフロアが、シンプルでモダンな空間に温もりを添えています。ブリッジを隔てたバーラウンジには、8mの天井高が醸し出す開放感と重厚感に合わせ、バーの正面には小澤雅志氏による巨大なオリジナル作品が飾られています。
インテリアの特徴ともいえるのが、アイランドバー、共有テーブル、プライベートダイニングルーム、シェフズテーブルのテーブルトップに使用されている、スワンプカウリと呼ばれるニュージーランド産の木材です。これは樹齢約2500年のカウリ(世界最大、最長樹齢となる針葉樹林のひとつ)が約5万年前に津波によって泥炭地に埋もれ眠っていたものを採屈したもので、ニュージーランドのインテリアダンディー社(Interiors Dundee)によって丁寧に選び抜かれ、カスタムメイドで仕上げられています。スワンプカウリは、繊細に刻まれた年輪や固く滑らかな材質も特徴的ですが、太古の森の息吹や生命力が感じられ、シンプルな空間に独特の温もりを添えています。

※図面をクリックするとインテリア写真が表示されます

インテリアデザイン:eight inc